バイオ燃料の普及など看板を目にした

今年はリオデジャネイロオリンピック開催年です。
リオデジャネイロのあるブラジルはサトウキビなどからバイオ燃料のアルコールを生産しています。
自動車への使用も一般的です。
日本ではあまり一般的ではありませんでしたが、ガソリンスタンドなどで
バイオ燃料の普及の看板を目にするようになりました。
ガソリン、軽油などと違いバイオ燃料は地球の炭酸ガス削減に寄与することができます。
ガソリン、軽油の原料である石油や石炭、天然ガスなどは過去に蓄積した資源で
これを化石燃料といいます。
これらを使うと二酸化炭素を排出するだけなので地球の温暖化の原因となっています。
しかしバイオ燃料は二酸化炭素を消費している現世の植物から得られるものなので、
二酸化炭素の量は増えません。
日本でもバイオ燃料を積極的に推進する時代になったのです。

Article by admin_ieabioenergy2012

It seems like this author has no description. Add your discription/bio at user profile or disable this widget in theme customizer if you dont want to use it.

病児保育士さんと語った事

視界が遮られるほどの煙を出す車が道路を走っている様子を見ながら、
一緒に歩いていた病児保育士は現代社会が直面している課題を語り出しました。
バイオ燃料の普及が進めば自動車が空気を汚す心配がなくなるけれども、
経済的な視点で考えると順調に事が運ばない現実があることです。
病児保育士に続いてバイオ燃料に感じる内容を全て打ち明けた瞬間を皮切りに、
熱い語り合いが幕を開けることになります。
バイオ燃料は食糧の減少と引き換えに成り立ちますから、
病児保育士が言うように既存の営利団体からの反発は想像に難くありません。
他方でバイオ燃料の普及で人類は長く反映していく仮定があるので、
誰が何と言おうとも推進するべきという病児保育士と同じ考えを持ちます。

Article by admin_ieabioenergy2012

It seems like this author has no description. Add your discription/bio at user profile or disable this widget in theme customizer if you dont want to use it.

個室のレンタルオフィスで打ち合わせ

防音設備も整っているレンタルオフィスの個室に入ってきたのは、
バイオ燃料の普及に尽力する企業の開発と営業の担当者である二人組です。
バイオ燃料の技術は一部の業界に激震を走らせるほどの影響力を秘めているので、
部外者に話の内容が伝わらないように個室のレンタルオフィスを選びました。
序盤の世間話は数分で終えてしまい、バイオ燃料にまつわる本題へと進んでいきます。
レンタルオフィスの個室で繰り広げられたのは、バイオ燃料の普及に効果的な事業形態の話です。
バイオ燃料そのものが優秀な動力源であることに疑問を抱く余地はありませんが、
広めるためには相当の工夫と期間を要します。
話し合いは日付が変わってからも続き、部屋に朝日が射しこんできたところで解散しました。

Article by admin_ieabioenergy2012

It seems like this author has no description. Add your discription/bio at user profile or disable this widget in theme customizer if you dont want to use it.