バイオ燃料の普及など看板を目にした

今年はリオデジャネイロオリンピック開催年です。
リオデジャネイロのあるブラジルはサトウキビなどからバイオ燃料のアルコールを生産しています。
自動車への使用も一般的です。
日本ではあまり一般的ではありませんでしたが、ガソリンスタンドなどで
バイオ燃料の普及の看板を目にするようになりました。
ガソリン、軽油などと違いバイオ燃料は地球の炭酸ガス削減に寄与することができます。
ガソリン、軽油の原料である石油や石炭、天然ガスなどは過去に蓄積した資源で
これを化石燃料といいます。
これらを使うと二酸化炭素を排出するだけなので地球の温暖化の原因となっています。
しかしバイオ燃料は二酸化炭素を消費している現世の植物から得られるものなので、
二酸化炭素の量は増えません。
日本でもバイオ燃料を積極的に推進する時代になったのです。

Article by admin_ieabioenergy2012

It seems like this author has no description. Add your discription/bio at user profile or disable this widget in theme customizer if you dont want to use it.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です