病児保育士さんと語った事

視界が遮られるほどの煙を出す車が道路を走っている様子を見ながら、
一緒に歩いていた病児保育士は現代社会が直面している課題を語り出しました。
バイオ燃料の普及が進めば自動車が空気を汚す心配がなくなるけれども、
経済的な視点で考えると順調に事が運ばない現実があることです。
病児保育士に続いてバイオ燃料に感じる内容を全て打ち明けた瞬間を皮切りに、
熱い語り合いが幕を開けることになります。
バイオ燃料は食糧の減少と引き換えに成り立ちますから、
病児保育士が言うように既存の営利団体からの反発は想像に難くありません。
他方でバイオ燃料の普及で人類は長く反映していく仮定があるので、
誰が何と言おうとも推進するべきという病児保育士と同じ考えを持ちます。

Article by admin_ieabioenergy2012

It seems like this author has no description. Add your discription/bio at user profile or disable this widget in theme customizer if you dont want to use it.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です