腎不全治療とバイオ燃料の将来を考える

腎不全治療を続ける人には、腎移植をまったく考えない人と、
できれば腎移植したいと望んでいる人とがいます。
腎不全のままでいても、人工透析があるから、健康体の人のような活動はできませんが、
そこそこ普通に生きてはいけます。
バイオ燃料についても似た面があるような気がします。
効率ということを大事に考えた場合、バイオ燃料は向かないかもしれません。
でも、バイオ燃料でも事足りるわけで、将来の二酸化炭素の量などを考えたら、バイオのほうがいいわけです。
バイオは非効率だからと利用せずに、地下から化石燃料を掘り出して、
足りなくなったらまた別のところを掘って、ということだと、将来、未来はどうなることか。
バイオ利用のほうへ向かってほしいものです。

Article by admin_ieabioenergy2012

It seems like this author has no description. Add your discription/bio at user profile or disable this widget in theme customizer if you dont want to use it.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です